弁護士に相談

物損額保険代理店の方々は、日常では交通事故の損害額の計算をしてないから、そのようなものに対してアドバイスすら受けることが出来ないというが現実です。交通事故の被害に遭った方々は、保険代理店という存在が実に頼りないものと感じるでしょう。

そのようなことを交通事故被害というはじめての体験によって思い知らされることになります。保険会社に相談しても専門的知識すら持っていなかったなんて誰が想像するでしょうか……。ということで、交通事故被害に遭ったとき誰に相談すればいいかといえばやっぱり「弁護士」ということになります。

それは交通事故の被害者と弁護士は利害が一致するためです。交通事故の問題は、しっかり法律と向きあう必要があり、 刑事事件、免許の問題、慰謝料などの損害賠償の問題などと向きあうことになります

法令と判例に詳しいプロフェッショナルは誰かといえばそれが弁護士です。

先ほどお話しをした保険会社は、自己の利益を優先していると言っていいでしょう。そのとき弁護士は何を優先しなければならないかといえば、自己の利益ではなく「基本的人権の擁護」と「社会正義の実現」と言いたいのですが……。ただし残念ながら弁護士も自己の利益のためと言えないこともありません。しかし弁護士報酬の額は、交通事故の被害者の利害と完全に一致するから保険会社とはタイプが違うのです