交通事故の相談

交通事故というものは、いつ起こるか判らないものです。そのような事故が起こったとき、何をしなければならないかノウハウはお持ちでしょうか。事故はいつ起こるか判らないのです。あなたが加害者になることもあるかもしれませんし、被害者となる可能性もあり、100%安全な場所などこの世界には存在してないとも言っていいのではないでしょうか。みなさんのほとんどがそのような事故に遭遇して、ただパニック状態に陥るだけではないでしょうか。そのとき、パニックなった頭で非日常的な事柄と向きあうことを強いられてしまうことになります。

弁護士ここではそのような事態になったとき、弁護士に相談するメリットについてお話しをすることになりますが、みなさんはほとんど事故に対しての法律に無知なので、弁護士という法律のプロフェッショナルを味方につけることで、事態はスムーズに進行して行くことはある程度想像つくことではないでしょうか。

そのとき保険会社に相談するという方法もあるかもしれません。果たしてそれは妥当な方法でしょうか……。事故の被害に遭った場合では、治療費や休業補償を支払ってくれるのは、加害者側の保険会社であることも事実です。しかし、その時、加害者側の保険会社に相談するのはNGとされています。

保険会社は、 加害者が保険会社に保険料を支払っているから、契約に従って義務として支払いをしているに過ぎないと考えてください。そもそも保険会社は善意でそれをしている訳ではありません。